会社沿革

昭和23年(1948)香西角三郎他6名を発起人とし、資本金25万円で東京都中央区に設立
(商号:八洲器材株式会社)
鉄道、船舶、鉱山、土木、農業用、機械器具の製作・販売及び修理業務を開始
昭和26年(1951)北海道札幌市に札幌出張所(現 札幌営業所)を開設
振興造機株式会社(現 神鋼造機株式会社)と代理店契約を締結
(国鉄のエンジン部品の販売、完成エンジンの国鉄納入手続、アフターサービスの実施)
昭和27年(1952)大阪府大阪市に大阪出張所(現 大阪支店)を開設
昭和29年(1954)振興造機株式会社の部品販売総代理店となる
愛知県名古屋市に名古屋事務所(現 名古屋支店)を開設
昭和32年(1957)フィリピン国鉄向ディーゼル機関車に搭載の振興造機製エンジン・トルクコンバーター補修部品の納入窓口となる
宮城県仙台市に仙台駐在員事務所(現 仙台営業所)を開設
昭和37年(1962)株式会社日本エヤーブレーキ(現 ナブテスコ株式会社)の販売代理店となる
昭和40年(1965)株式会社日立製作所「鉄道車輛用品」の国鉄向け販売代理店となる
昭和41年(1966)建設業許可(機械器具設置工事業)取得
昭和43年(1968)フィリピン マニラ駐在員事務所を開設
昭和46年(1971)広島県広島市に広島出張所(現 広島営業所)を開設
神鋼電機株式会社(現 シンフォニアテクノロジー株式会社)の販売代理店となる
日本航空電子工業株式会社「コネクター類」の取扱店となる
昭和49年(1974)茨城県水戸市に水戸出張所(現 水戸営業所(ひたちなか市))を開設
昭和50年(1975)株式会社日立製作所「国鉄向け鉄道車輌用品」の車輌メーカー及び電機メーカー向け販売代理店となる
昭和52年(1977)日本航空電子工業株式会社「コネクター及び同関連製品」の特約店となる
昭和54年(1979)日立照明株式会社(現 日立アプライアンス株式会社)の「鉄道車輛用照明器具類」の販売店となる
昭和57年(1982)株式会社日立製作所の「機電及びOAシステム」の特約店となる
香川県高松市に高松出張所(現 高松営業所)を開設
昭和58年(1983)株式会社日立製作所の総合特約店となる
福岡県北九州市に九州出張所(現 九州営業所(福岡市))を開設
昭和59年(1984)静岡県静岡市に静岡出張所(現 静岡営業所)を開設
平成元年(1989)日立電線株式会社(現 日立金属株式会社)「電線」の特定地域向の特約店となる
平成2年(1990)小糸工業株式会社(現 コイト電工株式会社)「鉄道車輌部品」の特定地区向け代理店となる
平成3年(1991)日立電子株式会社(現 株式会社日立国際電気)「携帯用無線機」の特約店となる
平成6年(1994)建設業許可(電気工事業)取得
平成7年(1995)東京都中央区に子会社「ヤシマ物流株式会社」設立(100%出資)
平成9年(1997)日本航空電子工業株式会社航機営業本部と特約店契約締結
平成15年(2003)秋田県秋田市に秋田出張所を開設
平成16年(2004)建設業許可(電気通信工事業)取得
中国現地法人「亜西瑪(上海)貿易有限公司」を設立(100%出資)
平成20年(2008)三友物産株式会社を子会社化(100%出資)
平成22年(2010)株式会社ハセテック「電気自動車用充電器」の販売代理店となる
平成23年(2011)イギリス ロンドン事務所を開設
ベトナム ハノイ駐在員事務所を開設
日立三菱水力株式会社「水力発電システム」の販売代理店となる
新潟県新潟市に新潟営業所を開設
平成25年(2013)石川県金沢市に金沢営業所を開設
北海道函館市に函館出張所を開設
本社を現所在地に移転(東京都中央区日本橋兜町6-5)
社名を「株式会社ヤシマキザイ」に変更
矢崎エナジーシステム株式会社製 電気自動車用充電器「iesta」販売開始
平成26年(2014) 初の自社ブランド商品「YAM」シリーズ(空調装置用消臭剤)を販売開始
平成27年(2015) インドネシア ジャカルタ駐在員事務所を開設
平成29年(2017) インド グルグラムにインド支店を開設
平成29年(2017) 三友物産株式会社を吸収合併