海外営業部 K.M
01

海外営業部 K.M

2005年入社 
営業職
当たり前を当たり前と
思わない事
先輩方が築いてきたヤシマの良い伝統と多様化する市場に、接点を見出だしていける価値観を常に磨いていきたい。

INTERVIEW

担当している具体的な仕事内容は?

写真01

中国の鉄道車両メーカー、電機メーカー向けに鉄道車両用部品、生産設備の輸出、販売を担当しています。
通常業務としては見積作成、契約行為、納期調整、輸出手続、クレーム対応等を行います。

各ブロジェクトの進行状況や、現地で発生している問題を確認する為、現地に赴き、打合せや工場視察も実施します。
中国の現地法人スタッフと協力し合い、お客様の要望を迅速且つ正確に対応する事が大切です。また、お客様が来日される事もあり、日本での技術交流会、工場視察、観光の準備、サボートを行う事もありま す。

今までの業務の中で苦労した経験、
やりがいを感じたことは?

中国駐在時、電子製品の生産委託ブロジェクトを担当させて頂く事となりました。
中国拠点の製造メーカー、得意先(日本)、関連サブライヤ(中国、日本)から多数関係者が来訪され、打合せや作業指導が実施される事となりました。
「日程調整」、「ホテルや移動手段の手配」、「会議の進行」、「契約交渉」等と、慣れない赴任先で要領がつかめず、毎日が勉強の日々だった時、得意先より「記録ばかり取っていないで、うまく遂行できるよう、積極的に会議、現場打合せで間を取り持って先導して」との厳しい指摘を頂きました。
知識、経験が無く不安でしたが、議事進行を取らせて頂く事で仲介役として、やるべき事が少しずつ明確となり、初出荷の際は、得意先より暖かいお言葉を頂けた事が“本当にやって良かった!”と思える瞬間でした。

ヤシマキザイに入社を決めた理由は?

学生時代、特定の商材に捉われず、多様な商材、グローバルに働ける商社を探していました。
鉄道関連事業を専門とする企業という所で、当初自分に何ができるか戸惑いましたが、"日本が世界に誇る鉄 道インフラ事業に関われる"、"若手社員が主体的に活動されている職場"、"海外事業に関わる可能性がある事"から入社を決めました。

ヤシマキザイの魅力って?

ヤシマキザイの魅力は、お客様との長年培った「信頼関係」です。
大手企業とは異なり、日々の業務は地道な調整作業が多く、問題が発生すれば即座に現場へ伺う事もしばしば。日々苦労の連続ですが、お客様と問題解決に向けて会話を重ね、信頼関係を構築し、次のブロジェクトへのバトンをつないで、もうすぐ70年目を迎えます。
海外赴任時、現地で初めてお会いする方から「以前、ヤシマさんには、日本で本当世話になったよ。」と嬉しいお言葉を頂戴することがあり、自分自身もしっかり頑張って、先輩社員がつないで来たバトンを温め、大きくして次へ 繋いでいきたいと考えています。

写真02

仕事の後や週末の楽しみ方は?

中国駐在時は、週末裏山(300メートル)によく登っていました。
学生時代は山岳部に所属し、登山が元々趣味でもあったのですが、友人ができるにつれ一緒に登りながら当時 の流行や趣味の話をしたり、知らない慣習を教えてもらうことは、その国を知る良いきっかけにもなりました。
時には、広州の山奥に友人らとテントを担いでキャンブをしたり、遠くは、妻とチベットの山々を見に行ったりと駐在ならではの楽しみを満喫しました。

MESSAGE

写真03

学生の皆さんにメッセージ

就職活動では、膨大な就職情報、周囲の意見に戸惑ったりする事もあると思います。
大変な時期ではありますが、自分の事について客観的に考えることができる時期であるとも言えます。
今まで自分が興味を持つ事柄に集中できた学生時代とは異なり、その企業で「何が活かせるのか」を考えた時 に、今まで気がつかなかった自分の長所や特技を見つけることができるかもしれません。
いきなり見つけるのは経験上、難しいかもしれませんが、OB・OG訪問や親族、友人と会話の時間を取って、活動を振り返ってみて下さい。

海外営業部 K.M

SCHEDULE

砂時計08:30 出社
出社後、スケジュールと本日の対応事項について確認します。
周囲の上司、同僚と軽い雑談を交えながら、昨日までの業務の遂行状況や互いに気になっている話題について確認し合います。
始業前のコミュニケーションは、互いの調子も確認できます。
円09:00 事務処理
見積書作成、納期確認、調整を行います。
生産計画の変更により急な納期前倒しもあるので調達部と迅速に会話、調整します。
円10:30 電話対応
進行中のブロジェクトに関する計画表、商材に関するPR資料、試作品準備等について電話で現地と確認作業を行います。
円12:00 お昼
同部所の上司、同僚と昼食。
自分の担当エリア以外の情報等を雑談しながら情報交換します。
急ぎの用件がある際は、お弁当にして現地と連絡を取り合う事もあります。
円13:00 移動・得意先打合せ
得意先打合せの為、移動。
電車で2時間以上かかる遠方の場合は 移動中の車内でメールを返信します。
議題の多い打合せは、会議前にボイントをホワイトボードに書き出しておきます。
その際、打合せ時間の終了時間も決めて、間延びにしないように注意しながら会議を進行しています。
円16:00 得意先挨拶まわり
打合せ後、ブロジェクトで関わっている得意先の方々を挨拶に周ります。
現在進行中のブロジェクトの課題や、今後の予定も確認します。
円16:15 現地との連絡
得意先との打合せ、確認した状況を海外現地と電話で迅速に報告します。
迅速に連絡しないと、正確な情報で製品製作ができなくなるので、スビードを重視します。
円16:30 他部所と連携
得意先訪問後、得意先を管轄している営業拠点(国内担当)に立ち寄り案件情報を交換します。
日本国内の案件情報は、海外の案件と関連する事もあり頻繁に会話するよう心がけます。
砂時計18:00 帰宅
出張先から帰宅する道中では、本日の打合せ議事録をまとめ、社内報告をします。
海外出張日程が決まることもあるので、その際は出張申請も作成して上司に連絡します。

Memberトップページへ

PAGE TOP